Diary of You.Take.

日常で起こった面白話を中心に、無料のおすすめゲームの紹介、面白ムービーの紹介、またm-flo情報やSOUL'd OUT情報など、手広く毎日更新しています。

  Diary of You.Take.のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> たわいなくない日常 > NASAの局長が宇宙ステーションをあきらめた  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASAの局長が宇宙ステーションをあきらめた

2005 - 10/04 [Tue] - 22:05

5日くらい前から知っていたのですが、
記事を見つけたのでここでお知らせしておきます。

なんと、あのNASAの局長が宇宙ステーションをあきらめちゃったらしい。
宇宙ステーション

ま、まじですか…?
ってか、あんたらがあきらめてどうすんの?

どうやら、この前宇宙へいき、無事に帰還した野口さんが記憶に新しい日本と、アメリカの間では宇宙に対しての温度差があるらしいです。



詳しくはこちら↓

■ シャトル、宇宙基地は誤り NASA局長と米紙(共同通信)

 【ワシントン28日共同】米航空宇宙局(NASA)のグリフィン局長は、28日付米紙USAトゥデーとのインタビューで、スペースシャトル計画と国際宇宙ステーション(ISS)建設について「誤りだった」と表明した。
 同局長は、これまでも両計画の問題点や限界について発言してきたが、ここまで踏み込んだのは初めて。日本や欧州との認識の隔たりがいっそう明確になった。
 同紙によると、発言は同紙編集幹部らとの会合で出た。「シャトルは誤りだったのか」との問いに対し局長は「私の意見ではそうだ」と言明。「設計が極端に挑戦的」などと理由を説明した。


ちょ、挑戦的…!?
そりゃ宇宙に基地をおこうって言うんだから、並大抵の挑戦的態度では達成できませんよ!
そんなこともわかっとらんかったのか。
けっこう全世界の人達は内心思ってたよ、まじで。

局長は、月へのアポロ計画からシャトルへの方向転換が「正しい道ではなかったということは、今では一般的な受け止め方だ」との認識も示した。
 ISSについては「私に決定権があれば、現在の軌道(地球を周回する低軌道)には建設していなかっただろう」と述べた。


国を挙げての見切り発車を認める局長。
男らしすぎるよ!!




局長が「宇宙ステーション間違ってた、えへへ」っていうのは結構衝撃的だと思います。

それはたとえば、
「わたしの教育方針は間違っていた」って、中学生に謝った
文部科学省の大臣くらい衝撃ですかね。



ってか、この宇宙ステーションの計画に投じられた金額も、
安くはないだろうに…。
たぶん日本からも支援しているんだろうな。
無駄に消えた研究費。
先進国挙げて、空飛ぶごみ屋敷作ってんじゃないよ!!


■ 関連サイト

NASA Expedition 12 Mission to the International Space Station
USATODAY.com - News & Information Homepage
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cyberutopia.blog8.fc2.com/tb.php/93-719cfd10

 | HOME | 

プロフィール

You.Take.

  • Author:You.Take.
  • 現在一生懸命漫画製作中。ネームは本家サイト『Cyber Utopia』で公開中です!
RSS Atom FEED XML

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Podcast

チキチキチキンズ
↑Podcast用ブログはこちら↑

「ポッドキャスト」利用方法

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

広告

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

【ハンゲーム】ブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。